痴呆症と認知症の違い

痴呆症と認知超の違いは、同じ症状のことをいいます。痴呆症という言葉に差別的なニュアンスが含まれているとして、2004年に厚生労働省が名称の酵母などを通じて痴呆症ではなく「認知症」と改められたのです。
それ以降一般的な利用の際や行政用語として認知症という言葉が使われています。
認知症はさまざまな原因によって脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなってしまうことでさまざまな障害が起こり、生活する上で支障が出てきてしまう状態のことを指します。脳は人間の活動をほとんどコントロールしている器官のため、それが上手く働かなくなることで肉体的にも精神的にもさまざまな弊害が出てきてしまいます。
認知超とひとことでいっても、いくつか種類があります。主なものとしては、アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症の4つがあげられます。
それぞれ症状やケアが異なるため、それぞれの種類と症状を理解して適切な対応をしていくことが大切です。
手軽にできる予防方法としては、魚や野菜、果物を取り入れた和食中心の食事を取り入れたり、一日30分以上の運動を行なう、規則正しい生活と喫煙や過度のアルコールは避けるなどが予防方法としておすすめです。

有料老人ホームなび@老人ホーム検索なら