介護療養型医療施設とは

介護保険事業では、主に施設系のサービスと在宅系のサービスとに分かれます。この場合の施設系のサービスとは通常三施設と呼んで、その他の事業は在宅系のサービスと位置付けるようになっています。
三施設とは介護老人福祉施設いわゆる特別養護老人ホームであり、さらに介護老人保健施設よく老健とも呼ばれています。最後の一つが介護療養型医療施設です。
この介護療養型医療施設は有料老人ホームとの違いとして、医療機関そのものであることが挙げられます。医療機関における病床つまりベッドは、一般病床、結核病床そして療養病床に分かれます。このうち療養病床が更に介護の適用可能となったものが介護療養型医療施設となります。介護保険制度前は、医療機関における昔からの社会的入院などがこの事業所で療養を送っていました。
医療機関は本来、治療のためのところですから、社会的入院をいつまでも受け入れることが困難になってきます。そのため、介護保険制度の中で有料老人ホームなどのように別の受け皿を用意し、療養病床そのものを削減、いずれは廃止したいと国は考えている模様です。ただし、医療機関等の反対もあって、なかなか前に進んでいない状況にあります。可能であれば特養やこの有料老人ホームなどへと変更して行くように考えていることは間違いがありません。

有料老人ホームなび@老人ホーム検索なら