介護老人保健施設とは

介護老人保健施設とは、65歳以上の医療ケアやリハビリが必要な要介護状態の高齢者のための施設です。食事や排泄などの介護サービスはありますが、あくまでも在宅での生活に戻れるためのサービスが中心となっています。そのため、終身制ではなく、入所期間の3か月ごとに退所または入所継続の決定が行われます。また、医療行為やリハビリが必要な方だけではなく、認知症の方も入所することが出来ます。
介護老人保健施設は入所基準を満たしていれば初期費用の必要がなく、月額8万~13万円の費用で入所することが出来ます。
社会福祉法人などが公益事業として行い介護保険が適用される介護老人保健施設とは違い、有料老人ホームは営利法人が行う営利事業のため、ホームによって安いところから高額なところまで異なります。
有料老人ホームには介護付、住宅型、健康型の種類があり、介護付であれば食事や入浴、排泄などの日常生活の補助だけではなく、施設常駐のスタッフにより介護サービスを受けることが出来ます。住宅型は日常生活の補助は受けられますが、介護は外部のサービスを利用しなければなりません。健康型は元気な方が暮らしを楽しむサービスが充実しており、食事のサービスはありますが、介護が必要になれば退去しなければなりません。

有料老人ホームなび@老人ホーム検索なら