特別養護老人ホームとは

介護が必要な高齢者を支援する施設としては、有料老人ホームや特別養護老人ホームがあります。有料老人ホームも特別養護老人ホームはどちらの施設も高齢者を介護し、日常の生活を支援する目的で設置、運営がされています。
しかし、細かい部分に目をやると有料老人ホームと特別養護老人ホームにはその特徴にやや違いがあります。まずは有料老人ホームの場合ですが、このタイプの施設は民間の企業がその運営をおこなっており、医療ケアや娯楽設備、食事など入居者である高齢者が快適な生活を送れるようなさまざまなサービスが充実しています。また、民間の企業が運営をしているホームではプライバシーにも十分な配慮がなされ、基本的に入居者は個室で生活を送っていくことになります。
それに対して特別養護老人ホームは民間の企業ではなく、地方自治体や社会福祉法人がその運営母体となっています。このタイプの介護施設は民間のものとは異なり、常時介護が必要な高齢者を入居の対象としています。また、このタイプの介護施設は民間の介護施設と比べると低価格での入居が可能となっていますが、基本的に何人かで同じ部屋で生活をしていくかたちになるので、完全にプライバシーが保たれるというわけではありません。

有料老人ホームなび@老人ホーム検索なら