ケアハウスとは

ケアハウスは軽費老人ホームC型とも呼ばれ助成制度が利用できるので低所得者向けの比較的費用負担が少ない施設の事です。60歳以上の高齢者が利用する事ができます。ケアハウスは社会福祉法人や地方自治体、民間事業者により運営されています。一般型と介護型の2種類があり一般型は自立して独立生活を送るのが不安な高齢者向け、介護型は要介護が必要な高齢者向けの施設です。ケアハウスは身寄りがない方や家族との同居が困難な方が自治体の助成を受けて有料老人ホームより低い料金で利用する事ができます。一般型は訪問介護や通所介護のサービスを受ける事ができますが自立状態ではないとみなされると施設を退去する事になります。介護型は一般型と違い重度の要介護が必要になっても継続して住む事ができます。それぞれにメリット、デメリットがあり特徴があります。有料老人ホーム同様初期費用、月額利用料が必要になります。一般型と介護型では初期費用、月額利用料に違いがあります。ケアハウスでは居室は基本的には個室ですが浴室、トイレ、リビングなどは共用の施設です。入所申込は各施設で行われます。申込み書類を提出後に面談が行われ住民票、健康診断書、所得証明書などの書類により入所が判断されます。

有料老人ホームなび@老人ホーム検索なら