軽費老人ホームとは

老人ホームの中には経費老人ホームという有料老人ホームもあります。この経費老人ホームの特徴としては、60歳以上の身寄りのない人や、経済的な事情などがあって身内と同居が困難な人が安い費用で入居することができる有料老人ホームです。この経費老人ホームには2つのタイプがあり、一般形と介護型の2つのタイプがあります。介護型の場合は、常に介護スタッフがいて、介護サービスを受けることができます。経費老人ホームのメリットとしては、費用が安いということで、どのくらい安いのかというと、入居時に必要な入居一時金が通常の有料老人ホームよりも安く、0円のところから数百万円までとなっています。月額費用は10万円から20万円の範囲で済ますことができます。ただし、経費老人ホームに入居するためには、入居基準を満たしている必要があります。入居基準としては、60歳以上で介護のレベルが自立から重介護までの人、家族からのサポートが受けられない、一人暮らしが困難な人というのが主な入居基準となってきます。住居は個室になっていて、施設によって多少内容は異なりますが、プライベートはしっかりと守られた環境です。ただし、浴室や食堂、リビングなどは共用設備となっていることが多いです。

有料老人ホームなび@老人ホーム検索なら