シニア向け分譲マンションとは

シニア向け分譲マンションとは、シニア世代の人を対象として民間の事業者が販売、運営を行っているタイプの住宅のことを指します。シニア向け分譲マンションの特徴は一般的なマンションと同様に購入をする形となるので、その権利を相続によって子供や孫に受け継いでもらえるという点にあります。
また、シニア向け分譲マンションの大きな特徴として、部屋の設備が高齢者向けに整えられているという点を挙げることができます。つまり、高齢によって身体に自由が上手にできなくなった人でも、このタイプのマンションではバリアフリー化がされているので安心して毎日を過ごすことができるようになっているのです。
また、シニア向け分譲マンションでは有料老人ホームと同様に食事をはじめとして日常の家事全般を専門のスタッフが代わりに行ってくれるため、高齢者でも日々の暮らしに不便さを感じることなく生活をしていくことができます。つまり、プライバシーを保ちながら生活をすることができ、有料老人ホーム並のサービスの提供を受けることができるのです。
ただし、常に介護が必要な高齢者の場合、シニア向け分譲マンションのスタッフでは対応しきれないという事情があるため、重度の要介護者の場合には退去をお願いされてしまうケースもあります。

有料老人ホームなび@老人ホーム検索なら