高齢者向け優良賃貸住宅とは

日本では高齢化が加速をしていますが、このような状況の中では高齢者の住まいについてが社会的な課題となっています。特に高齢者の場合、体調面で不安を抱えている人も多いことから、賃貸物件への高齢者の入居を快く引き受けてくれないケースがよく見られます。そのため、UR都市機構や民間の業者では高齢者でも安心して入居ができる優良高齢者向け賃貸住宅の運営や設置を積極的に行っています。優良高齢者向け賃貸住宅の特徴は、各都道府県単位で認定が行われているという点にあります。認定基準をクリアした優良高齢者向け賃貸住宅ではその建築費用の援助や税制面での優遇を受けられるため、民間の業者やUR都市機構では優良高齢者向け賃貸住宅の設置に力を入れています。
このような高齢者でも安心して入居できる賃貸住宅の特徴として、バリアフリー化や緊急通報装置の設置がなされている点にあります。そのため、体調面があまり優れないという高齢者の人でも安心して暮らすことができるようになっているのです。ただし、このようなタイプの賃貸住宅のデメリットな面として、一般的な賃貸住宅と比較して家賃が高いという傾向があります。また、高齢者のすべてが希望通りに入居できるというわけではなく、介護の必要な高齢者の場合には入居が認められないこともあります。

有料老人ホームなび@老人ホーム検索なら