サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは主に民間の事業者がその運営を行っている高齢者向けの賃貸住宅のことを指します。このようなサービス付き高齢者向け住宅は都道府県単位で認可を受け、登録された賃貸住宅であり、入居の対象となるのは介護認定を受けていない自立して生活することのできる高齢者、あるいは比較的介護の状態の軽い高齢者となっています。
サービス付き高齢者向け住宅の特徴としては住宅がバリアフリー化され、生活相談員が常に常駐をしているところにあります。このタイプの住宅では自宅ですらすのと同様にプライバシーを保ちながら生活することができるので、集団生活に抵抗を感じるような高齢者であっても大丈夫です。折に触れて生活相談員が安否の確認などを行ってくれるので、高齢者が安心して生活をしていくことが可能になっています。また、有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の大きな違いは、前者は入居に際してその施設の使用権を買取るかたちになるのに対して、後者では通常の賃貸住宅と同じように住宅の賃貸借契約を結んで入居をするかたちになります。そのため、有料老人ホームに入居をするときと比べて後者への入居は比較的少額の資金のみで入居が可能になるため経済的な負担を抑えることができます。

有料老人ホームなび@老人ホーム検索なら