住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームとは、介護スタッフが常駐していない有料老人ホームのことで、
介護スタッフが常駐している有料老人ホームは、介護付き有料老人ホームと言います。
もちろん、入居中に介護が必要な方は、外部の介護サービス事業者と契約することにより、利用することができます。

住宅型の特徴は、介護付きに比べ、利用料が割安で、自立している方をメインに受け入れてる点から、
レクリエーションや設備なども充実しています。

入居については、多くの場合、初期費用と月額使用料が必要で、提供されるサービスは、食事、洗濯、掃除などの
生活援助やスタッフによる見守り、緊急時の対応などです。
ただし、施設の場所や地域、設備やスタッフによって、かなり差があります。

介護サービスを利用する回数が多い方は、介護保険の上限を超えやすく、超えた分は自己負担になり、
介護度の低い方は、利用した分の自己負担1割になりますので、費用が少なくて済みます。
住宅型に重度の介護状態では基本的に住み続けるのは難しいですし、経済的にも、かなり厳しくなると
いえるでしょう。

受ける介護サービスを選べるという点から、今後も住宅型有料老人ホームは、増えていくものと思われます。

有料老人ホームなび@老人ホーム検索なら