医療費控除について

有料老人ホームの医療費控除について
有料老人ホームであっても、医療行為が行われ、費用が発生しなければ、医療費控除の対象にはなりません。
有料老人ホームの福祉行為についても対象外ですし、有料老人ホームが生活の場である場合は、対象になりません。
なお、介護保険法に定める特別養護老人ホームのような場合は、非常勤医師や常勤看護師の配置があることにより、
多少の医療的要素があるとして、居住費や食費も一部、対象となります。

要介護になり、介護施設に入るようなことになれば、通常対象外の項目も、一部対象として認められ、医療療養施設に
入れば、かなりの項目が認められることになるでしょう。

申告する際の領収書については、有料老人ホームの事業所の印が必要ですので、必ず確認して下さい。

明細書や領収書の医療費控除対象の欄に金額が入っていれば、その金額については控除されますし、
金額が入っていなければ、その金額については認められないということになりますので、今一度、ご自分で、
明細書や領収書を見直してみると、対象になるのかどうかが、かなりわかってくると思います。

居住費や食事代などが対象になるのかどうかがわからない時は、金額の明細を自分できちんと控えておき、
申告の際に確認するようにして下さい。

有料老人ホームなび@老人ホーム検索なら